紅蓮の父親、ロンさんのあれこれ。 その他、家族のあれこれ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑くなってきたせいか、何故か今年は傷が痛い。
手術した年の夏は、なんともなかったんやけどなー。
まあ、痛いのも生きてる証拠。

先月の検査結果は別段急激な変化もなく、比較的安定しているようだった。
ただ、一ヶ所だけ、気になる所があるらしい。
なのでその部分については、今後の検討課題らしい。検討課題ってのは、大袈裟か。
木曜日は、名古屋の病院の今月の通院日だった。
東京の主治医からは、検査結果の報告書が到着していたので一安心。
おそらく、高知の主治医にも届いているだろう。

名古屋の主治医には、今ひとつツッコミ加減がわからない。
診察待ちの数も知っているから、粘る訳にもいかない。
東京や高知の主治医達とちがって、付き合いも浅い。

木曜日。気になる単語が、先生の口から出てきた。
思わず聞き返したけど、何と無くウヤムヤな会話が続き、私の聞き間違いだったか?とも思った。
でも、そう思う反面、「先生、もしかして口が滑りましたか?」とも思った。

なんにしても、なるようにしかならない。

ずっと前。まだ、私が小さかった時のことを、ぽねさんから聞いた。
病院探しをしていた頃(?)の話だったかな。
私はまだ赤ン坊だった頃だ。

どこの先生(比較的上クラス)も、私はまだ急いで治療しなくても大丈夫だと言ってたらしい。
だけども、そんな偉い先生の話を聞いていた、一人の若い先生にコソッと呼ばれて「待てませんよ」と言われたそうだ。その言葉をきいて、ロンさんやぽねさんは、急いで病院探しをしてくれたんだと思う。
その話を聞いた当時は、「よかったなー」って思った。
おかげで、しんどいながらもやりたい放題生きている。ラッキーだったなー。
そんな感覚だった。

小さかった時に手術をして、何も無く順調に生きてきた。
大人になって、「順調に生きてきた。だから、私はきっとある日突然にドカン!と人生が終わるんだろう」と思うようになった。

そして、三年前の春。
本当にドカン!となるような問題が見つかった。
いつも通りの検査入院だと、気楽に受けて気楽に帰るはずだったけど「行きはよいよい、帰りはこわい」って話だ。
その年の夏。人生二度目の手術をして、翌年春に人生三度目の手術をして、今がある。

今になって、思う。
「待てませんよ」
その一言が出たその瞬間から、私は「生かされる」事が決定したのだと。
その瞬間が、私のスタート地点。
「生かされる」と言う事が決定された以上は、楽しい事だけではない。
痛いとかつらいとかは当然の事。
それらすべてが「生きる」と言う事なんだろう。

すべての経験を終え人生が終わってから、何処かに帰るのだとすれば、私はその時に「生かされる」「生きる」と言う事を帰った場所で報告しないといけないんだろーな。漠然と、そう思う。

生かされる事が決定したとき、今の私が決定された。
つまりは、これまでの経験も、決まっていたんだと思う。
痛い事、つらい事、悔しい事。
けれど、それらはほんのひと握りの砂のようなもんだ。
抱えきれない出会い、喜び、幸せがある。
そして、それもまた終わるまで続くやろ。

ハジマリノトキがあったからこそ、今の私がいる。
そう思うと、何だかこの先もワクワクして来る。

それはそれとして、傷は痛いんじゃ!(笑)
楽しいなー、自分人生。







スポンサーサイト

【2013/06/22 01:22】 | 紅蓮的日常
|

なんで
garako
コメントしたのにいっこうに日の目をみんな。
まあ良かろう。

Re: なんで
紅蓮
> コメントしたのにいっこうに日の目をみんな。
> まあ良かろう。

ないで、コメント。
拍手の所にコメントついても、こっちには反映できんし、確認したけど無かったぞ。
ネームを統一しといてくれんとややこしいで。


コメントを閉じる▲
先日、楽天のスーパーセールやってましたよね~。
おら、買っちまっただ!

三人揃っての新幹線の絵が書いてあるTシャツを。
けいちゃん、ひでくん、てるくん。それぞれのサイズで注文。
届いてすぐばあちゃんのところでお着替えして写真を撮ってくれました。
いやはや、やっぱり三人揃って同じ服を着てるのって可愛いわぁ。
けいちゃんが、どんどん大きくなってきたので三人揃って同じ服を着てくれるのもあと少しかなぁ?

そういえば、連休中にも紅蓮は西松屋でお揃いの子供用ステテコ(部屋着)を買いました。
これがまた、三人とも可愛い!!!
伯母馬鹿と言われようが、とにかく可愛い!!
いやはや。伯母ちゃん、買った甲斐があったわ。

【2013/06/15 23:37】 | わんぱく三兄弟
|


きよきよ
伯母ちゃん冥利につきるねっ^^
これからも、薄毛3兄弟の為に、義姉?
義妹?(どっちだっけ?)に怒られない
程度にしっかりモノを買って与えて
あげて下さいな(笑)


紅蓮
★きよきよ
義妹のほうです。
でも、服は別に文句は言われない。
むしろ、それを着せて帰ったらしっかり自宅用になってたり。
あれれ??っていうことになってます(^_^;)
まあ、伯母の好みで着せられるあいだは、めいっぱい楽しもうと思う。

コメントを閉じる▲
明日は、父の日です。
あすの父の日に間に合うように、キリンビールを注文。
ロンさんは「たっすいがはいかん!」の土佐人やき、キリン派。
確か、大瓶で6本セット。

今日の夜ちゃんと届いたようで、ご機嫌で電話がかかってきました。
あすの夕食に飲むらしい。今頃冷蔵庫であすに向けて冷え冷えになりつつある頃だろう。
いつの間にか消えてしまった休肝日。そこらへんぐらいはきちんと守れるじいちゃんであってほしいが。

なんにしても。父の日にはビール。
来月、ロンさんの誕生日がくるがやけどね。
どーするよ。

【2013/06/15 23:23】 | 紅蓮的日常
|
5月末に、カテ入院して来ました。
入院当日。まさかの昼抜き!
そして、限界までの自転車漕ぎ。
終わった直後に検査担当の若いおねーちゃんに「どうですか?」と質問されて、「今話しかけんな!」って思いました。
君には、空気を読む勉強も必要だとおもいますよ…と、喉もとまで出かかった。危ない危ない(笑)

久しぶりに味わいました。
息が出来無いあの感じ。息が吸え無いんだから、話しができる訳ないわ。
大人になってからは、無理して周りにあわせてしんどくなるより、文句があるようなら周りに噛みついた方がマシだと開き直ることもできるようになったけど、子供の頃はひたすら悔しくて惨めな気持ちを、自分なりに消化していた気がする。

今回の自転車漕ぎ。実は、止める直前に少し悩みました。
確かに、もう限界。呼吸も足も、もう限界。
そう思った反面、まだまだ何とかならないか?と、思いました。
まあ、実際は昼抜きで出る力なんて、あんなもん。

検査当日、ベンザリンを飲んで車椅子でカテ室に向かうところで記憶がなくなりました(笑)
きっと車椅子からベッドに移すの大変やったやろなー(笑)
あんなに爆睡したカテなんて、初めてやわ!
止血するねーって言われたのは、うすらぼんやり覚えてるけど、病室に帰って来た時の記憶は一切無い。
勿体無いなー。ついでにいえば、薬がひとつ増えた理由も説明聞いてたはずなのに、記憶に無い(ー ー;)

まあ、とにかく退院してから何と無くダルダル。
やる気がついてこなくて、だらけてます(^_^;)
暑いのにも、ついて行けてない感じ。

【2013/06/11 13:08】 | 紅蓮的日常
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。