紅蓮の父親、ロンさんのあれこれ。 その他、家族のあれこれ。
そう言えば先月、ロンさんが胃を切って2年を迎えました。
なんやかんやと、2年過ぎました。おかげさまで、それなりに元気な毎日のようです。

私も7月半ばには一回目(人生二回目ですけど)の真ん中開きから2年を迎えます。

ロンさんが入院していた頃は、ワールドカップが開催中でした
ロンさんの様子を見ながら、病室で真夜中にテレビ見てました。

あのとき良く耳にした「タマシイレボリューション」は、二回目の真ん中開きの時に、呼ばれるギリギリまで延々聴いていました。

「葛藤ノンストップ立ち向かえ人生はショータイム」

ロンさんに、どうやらふたたびちょっとした試練が待ち受けているような話を聞きました。

本人はやはり多少のショックを受けているようですが、孫三人もまだまだじいちゃんの膝を我先にと独占するような、じいちゃん大好きブラザーズ。

もう一山、踏ん張って越えて貰わなければなりません。長生きして、孫三人が膝に座れないくらい大きくなるのに付き合わなければ!

生きるか死ぬかわからないような私を、ここまで育ててくれたのは、父であるロンさんです。

我が家の大黒柱は父であるロンさんで、ロンさんがいるから家族は幸せに暮らして行けるのだと教えられ育ちました。

なので、私は特に何も心配はしないことにします。私の父は、ちょっとくらいの山くらい、越えられる人ですから

そうでなければ、私は今ごろここには居ません。

とりあえず。立ち向かえ人生はショータイム…頑張れロンさん人生は、苦しいことを乗り越えたもの勝ち。
スポンサーサイト

【2012/07/05 13:15】 | ロンさん観察日記
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可