紅蓮の父親、ロンさんのあれこれ。 その他、家族のあれこれ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑くなってきたせいか、何故か今年は傷が痛い。
手術した年の夏は、なんともなかったんやけどなー。
まあ、痛いのも生きてる証拠。

先月の検査結果は別段急激な変化もなく、比較的安定しているようだった。
ただ、一ヶ所だけ、気になる所があるらしい。
なのでその部分については、今後の検討課題らしい。検討課題ってのは、大袈裟か。
木曜日は、名古屋の病院の今月の通院日だった。
東京の主治医からは、検査結果の報告書が到着していたので一安心。
おそらく、高知の主治医にも届いているだろう。

名古屋の主治医には、今ひとつツッコミ加減がわからない。
診察待ちの数も知っているから、粘る訳にもいかない。
東京や高知の主治医達とちがって、付き合いも浅い。

木曜日。気になる単語が、先生の口から出てきた。
思わず聞き返したけど、何と無くウヤムヤな会話が続き、私の聞き間違いだったか?とも思った。
でも、そう思う反面、「先生、もしかして口が滑りましたか?」とも思った。

なんにしても、なるようにしかならない。

ずっと前。まだ、私が小さかった時のことを、ぽねさんから聞いた。
病院探しをしていた頃(?)の話だったかな。
私はまだ赤ン坊だった頃だ。

どこの先生(比較的上クラス)も、私はまだ急いで治療しなくても大丈夫だと言ってたらしい。
だけども、そんな偉い先生の話を聞いていた、一人の若い先生にコソッと呼ばれて「待てませんよ」と言われたそうだ。その言葉をきいて、ロンさんやぽねさんは、急いで病院探しをしてくれたんだと思う。
その話を聞いた当時は、「よかったなー」って思った。
おかげで、しんどいながらもやりたい放題生きている。ラッキーだったなー。
そんな感覚だった。

小さかった時に手術をして、何も無く順調に生きてきた。
大人になって、「順調に生きてきた。だから、私はきっとある日突然にドカン!と人生が終わるんだろう」と思うようになった。

そして、三年前の春。
本当にドカン!となるような問題が見つかった。
いつも通りの検査入院だと、気楽に受けて気楽に帰るはずだったけど「行きはよいよい、帰りはこわい」って話だ。
その年の夏。人生二度目の手術をして、翌年春に人生三度目の手術をして、今がある。

今になって、思う。
「待てませんよ」
その一言が出たその瞬間から、私は「生かされる」事が決定したのだと。
その瞬間が、私のスタート地点。
「生かされる」と言う事が決定された以上は、楽しい事だけではない。
痛いとかつらいとかは当然の事。
それらすべてが「生きる」と言う事なんだろう。

すべての経験を終え人生が終わってから、何処かに帰るのだとすれば、私はその時に「生かされる」「生きる」と言う事を帰った場所で報告しないといけないんだろーな。漠然と、そう思う。

生かされる事が決定したとき、今の私が決定された。
つまりは、これまでの経験も、決まっていたんだと思う。
痛い事、つらい事、悔しい事。
けれど、それらはほんのひと握りの砂のようなもんだ。
抱えきれない出会い、喜び、幸せがある。
そして、それもまた終わるまで続くやろ。

ハジマリノトキがあったからこそ、今の私がいる。
そう思うと、何だかこの先もワクワクして来る。

それはそれとして、傷は痛いんじゃ!(笑)
楽しいなー、自分人生。







スポンサーサイト

【2013/06/22 01:22】 | 紅蓮的日常
|

なんで
garako
コメントしたのにいっこうに日の目をみんな。
まあ良かろう。

Re: なんで
紅蓮
> コメントしたのにいっこうに日の目をみんな。
> まあ良かろう。

ないで、コメント。
拍手の所にコメントついても、こっちには反映できんし、確認したけど無かったぞ。
ネームを統一しといてくれんとややこしいで。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
なんで
コメントしたのにいっこうに日の目をみんな。
まあ良かろう。
2013/07/02(Tue) 21:49 | URL  | garako #-[ 編集]
Re: なんで
> コメントしたのにいっこうに日の目をみんな。
> まあ良かろう。

ないで、コメント。
拍手の所にコメントついても、こっちには反映できんし、確認したけど無かったぞ。
ネームを統一しといてくれんとややこしいで。
2013/07/02(Tue) 21:56 | URL  | 紅蓮 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。