紅蓮の父親、ロンさんのあれこれ。 その他、家族のあれこれ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて。立体地蔵曼荼羅の世界の物語・・・

野山を巡って旅を続ける一人の男と地蔵の物語です。ある日男はとある村にさしかかりました。
男は峠の木の下の地蔵様の横で休んでいました。見渡してみると村のあちらこちらに地蔵様が立っており、田畑を耕す民の姿、その周りを走り回る元気な子供たちの姿を眺めています。
旅の男は遠い昔、これと同じような地蔵の郷を訪れた日のことを思い出しました。

物語1

物語1-3

中央台の上の作品です。
物語1-4

男は遥か彼方の空に、この村を囲むようにそびえている山々で、修行に精を出している沢山の地蔵の姿を見つけました。
これこそが地蔵菩薩の宇宙「地蔵曼荼羅」ではないでしょうか。
地蔵様は菩薩様。でも立派なお寺の中には滅多におらず、風雪寒暑の中で常に民とともにあって、その苦しみや喜びを共にしているのです。

物語2

物語2-2

物語2-3

お花にも寄ってみました。
物語2-4

お地蔵様の世界には、こういったお花が似合いますね。

続くよ。
スポンサーサイト

【2016/05/22 17:08】 | 作品集
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。